草原の上にある家

家の外観や印象を大きく変える外壁塗装の施工の流れを知ろう!

外壁塗装に必要な「養生」とは?

養生

外壁塗装の流れの中で、「養生」という作業が工程に組み込まれています。
この養生とはどんな作業を指すのでしょうか?外壁塗装に必要な養生についてご紹介します。

養生の役割

養生とは、塗装しない部分を保護することで、塗料を塗る必要のない窓やサッシ、玄関、勝手口のドアなどをビニールで覆い、塗料が付かないようにする作業のことを言います。
養生の流れとしては、窓であればまず窓枠にテープを貼り、その上からシートを張り付け、最後にもう一度テープを貼って完了となります。
こうすることで、万が一塗料が窓側にかかってしまっても、色が付いてしまうことがありません。

外壁塗装の仕上がりにも違いが出てくる

養生は話だけ聞くと簡単そうに感じますが、外壁塗装の工事の中で非常に重要な作業だと言えるのです。養生が綺麗な出来かによって、塗装の仕上がりの美しさにも関わってきます。

養生が上手な業者は、外壁塗装の仕上がりも間違いないと言われている程です。テープをしっかりと真っ直ぐに貼り、境目が綺麗だとその後塗料を塗っていく時にも違和感なく美しく仕上げることができます。外壁塗装をする上で養生の作業は仕上がりを左右する重要な工程なのです。

養生がしっかりできていないと、窓やドアなどに塗料が付いてしまい、トラブルにも繋がってしまう可能性があります。施工業者を選ぶ際に、養生が上手にできる業者かどうか確かめておくことが大切です。

オススメコンテンツ

ヘルメット

施工中の確認でトラブルが回避できる?

外壁塗装はトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。施工中に自ら確認することで、トラブル回避することはでき…

続きを読む

ニュース

2017/05/19
施工中の確認でトラブルが回避できる?を更新しました。
2017/05/19
外壁塗装前にも近隣への挨拶は必要?を更新しました。
2017/05/19
外壁塗装に必要な「養生」とは?を更新しました。
2017/05/19
外壁塗装にかかる日数をチェックしようを更新しました。